このように活用されている

家の模型とお金

家賃債務保証とは、賃貸契約を結んだ借主と貸主の間で、もしもの家賃の滞納などが生じた時に、家賃債務保証会社が借主に代わって一時的に建て替えを行うサービスです。このようなサービスを利用することによって、大家さんは毎月の家賃が保証されますし、支払う側もうっかりなどの際に迷惑をかけずに済むというメリットがあります。このようなシステムは代位弁済と言われ、一時的に家賃を建て替えた家賃債務保証会社はその後、借主から立て替え払いをした家賃や手数料を受け取ることができます。このような形でサービスが提供されていることによって貸し手と借り手の双方が安心できるようになります。

この様なシステムである

間取り図

家賃債務保証サービスは、貸し手である貸主と借り手である借主を取り持つサービスとして注目されており、家賃収入を安定させるために利用されています。家賃債務保証は賃貸契約の申込み時の審査において、必須としている物件が増えており、もしもの時に安心を提供するこの会社のサービスはとてもニーズが高くなっています。もし、家賃の支払いが遅れてしまったら、貸している側は困ったことになってしまいますし、物件を購入するためにローンなどを組んでいる大家さんであれば返済の滞りにつながってしまうでしょう。このサービスではもしもの家賃の滞納時に、家賃債務保証会社がすぐに立て替え払いを行ってくれるため、家賃の支払い日にきちんと家賃を得る事が出来るようになっています。

利点が多くある

間取り図

賃貸物件を経営する場合、一番の懸念点は貸した人が家賃を滞納してしまうことであると言われており、そのことが物件の貸し渋りにもつながっています。家賃を滞納しない借主を見つけるために、物件貸し渋りが行われることによって、きちんと家賃を支払う事が出来る人も物件を借りにくくなっています。このようなときに、家賃債務保証会社は双方の間に入って安心を提供し、物件への入居ハードルを低くするのに重要な役割を果たしています。借りる側はこのサービスを利用することでスムーズに部屋を借りる事が出来るようになりますし、貸す側は家賃滞納リスクを抑える事が出来ます。このサービスを利用する場合、借りたい側が最初に家賃債務保証会社のサービスに申し込み、審査を経てサービスを利用するための保証料を支払います。このサービスへの加入を入居の条件としている物件が増えており、このことからも大家さんたちの家賃滞納リスクに対する関心の高さがうかがえます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中